患者様へ

大腸グループ
消化器・肝移植外科における大腸がんの外科治療について

1.診療について

 大腸疾患、特に近年増加傾向である大腸がんの手術治療を行っています。当科では開腹手術に比べて小さな傷ですむ腹腔鏡下手術を積極的に取り入れ、患者さんにやさしい手術を行っています。腹腔鏡下手術では傷が小さく、痛みが少ない、手術後の回復が早いなどの特徴があります。またすべての腹腔鏡下手術には日本内視鏡外科学会で認定された技術認定医(大腸)が関わり、質の高い手術を行っています。また患者さんのニーズに応じてより傷が少ない単孔式腹腔鏡下手術(一つの傷で行う手術)も導入しています。

大腸手術形式

肛門に近く進行した下部直腸癌では、欧米においては手術前の化学放射線療法(抗がん剤治療+放射線治療)が標準治療ですが、本邦では手術+骨盤内リンパ節郭清(骨盤内のリンパ節を摘出)が標準治療とされています。当科では自律神経を温存した術式を早くから取り入れ、術後の排尿・性機能障害を防止しています。また進行した腫瘍に対しては術前化学療法(手術前に抗がん剤を行う)を導入し、がんを小さくしてから手術することにより、できる限り自然肛門を温存し、術後のQOL(生活の質)が悪くならないような治療を行っています。

化学療法

また、転移が見つかってしまった場合でも当科の肝臓外科チームや抗がん剤を専門に扱う臨床腫瘍科、放射線科の専門医と密に連携を取り、患者さんに最適な治療を心がけています。

担当医の紹介

 石部敦士(いしべ あつし)
 専門医・認定医資格など
  日本外科学会 専門医
  日本消化器外科学会 専門医・指導医
  日本大腸肛門病学会 専門医
  日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医(大腸)
  日本消化器病学会 専門医
  日本消化器内視鏡学会 専門医
  日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
 
 樅山将士(もみやま まさし)
 専門医・認定医資格など
  日本外科学会 専門医

2.診療実績

当院では年間80-100例の大腸がんの手術を行っており、2014年の当院の大腸がん手術症例は84例でした。低侵襲である腹腔鏡下手術は年々増加してきており、昨年度は91%の患者さんに腹腔鏡下手術を行っています。また直腸がんでは82%は腹腔鏡下手術で施行し、下部直腸癌における肛門温存率(永久人工肛門とならない手術)は87.5%となっています。当科では可能な限り肛門を温存し、患者さんの生活の質を落とさないような治療を行っています。

化学療法

3.治療成績

5年生存率(5ねんせいぞんりつ)とは、ある疾患の予後を測るための医学的な指標であり、診断から5年経過後に生存している患者さんの比率を示します。 治療効果判定のために使われることが多いですが、 あくまでも集団を対象とした指標ですので、それぞれの患者さんの余命ではありません。

化学療法

4.臨床研究について

 当院では新しい治療を目指すための先進的な臨床研究を数多く行っています。また横浜市立大学消化器腫瘍外科学ではYokohama Clinical Oncology Group(YCOG)に所属し、他の参加施設と共に多施設共同研究を行っています。
以下にその中で大腸癌に関連した研究テーマを記載します。

【結腸癌に対する臨床研究】
・YCOG1305(PROBE study)閉塞性大腸癌に対するFOLFOXを用いた術前化学療法の臨床第Ⅱ相試験
・YCOG1402(SOAP study)Stage III大腸癌治癒切除例に対する術後SOX療法の投与量および治療スケジュール最適化のための探索的ランダム化比較第II相試験
・YCOG1404 腹腔鏡下大腸癌手術におけるエノキサパリン投与の有効性および安全性に関するランダム化第Ⅱ相試験
・JFMC46-1201 再発危険因子を有するStage II大腸癌に対するUFT/LV療法の臨床的有用性に関する研究
・大腸癌研究会プロジェクト研究 結腸癌の至適切離腸管長に関する前向き研究

【直腸癌に対する臨床試験】
・局所進行直腸癌に対するmFOLFOX6+Panitumumab併用周術期化学療法の臨床第Ⅱ相試験
・治癒切除可能直腸癌における内視鏡手術支援ロボット手術の安全性および有効性に関する研究

【切除不能大腸癌に対する臨床試験】
・YCOG1309 高齢者切除不能進行再発結腸直腸癌に対するXELOX+ベバシズマブ併用療法におけるオキサリプラチンの至適休止時期の検討

これらの臨床研究に関しては、患者さんのご理解とご協力をいただきながら進めてまいります。